2017年7月9日日曜日

アントロポゾフィー芸術講座・クリスマス会議100周年に向けてゲーテアヌムから学ぶこと



普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本
普遍アントロポゾフィー部門&造形芸術部門 主催

2017年度 アントロポゾフィー芸術講座(3回シリーズ)
クリスマス会議100周年に向けてゲーテアヌムから学ぶこと


Ⅰ 色ガラスを見る・描く―光の総譜としての
2017年 8月26日(土)27日(日) 9:30~13:00
Ⅱ プラトン立体を見る・描く―愛の礎石としての
2017年10月21日(土)14:30~18:00
10月22日(日) 9:30~13:00
Ⅲ 惑星封印を見る・描く―未来の形姿としての
2017年12月16日(土)14:30~18:00
12月17日(日) 9:30~13:00

講師 石川 恒夫

会場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102

参加費 各2日間6,000円(材料費込)
事前の振込をお願いします。
郵便振替口座 00140-3-483075
口座名義  普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本

申込み Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com

※単発での参加も可能です。
※会場が変更になる場合があります。


Ⅰ 色ガラスを見る・描く―光の総譜としての

アシャ・ツルゲーネフとの協働作業によって、ルドルフ・シュタイナーは
ゲーテアヌム空間のために新しいステンド・グラスを制作しました。
ガラスを彫り込んで、その厚さによって光の濃淡が表現されるというものです。
太陽の光がそこに射し込み、ガラス彫りが共鳴してはじめて、
新しいガラス芸術は生まれます。
限られた時間ではありますが、色ガラス全体のモチーフを概観しつつ、
その一部分を、手を動かして表現してみましょう。
知的理解のためではなく、「光の総譜」を聞き取りたいと思います。

日時 2017年8月26日(土)27日(日)
(両日とも)
9時30分~10時 導入の時間
10時 ~11時  ドローイング
11時~ 11時30分 見る
11時30分~12時30分 ドローイング
12時30分~13時 まとめの時間

持ちもの 
使い慣れたコンテをお持ちであれば、ご持参ください。
紙、コンテ、練りケシなどは用意いたします。


Ⅱ「プラトン立体を見る・描く―愛の礎石としての」

完全な立体として知られる五つの「プラトン立体」について、多くの
モデルを見ることを通して、それぞれの空間的・時間的関係性(立体の
メタモルフォーゼ)を観察・考察いたします。
フリーハンドのドローイングで、一部の立体表現を試みます。
ゲーテアヌム建築には礎石として組み合わされた正12面体が埋め込まれました。
「定礎のことば」において表現される「礎石」はしかし、物質としてのみならず、
会員の心にこそ祝祭の気分をもって埋め込まれる精神的礎石でもありました。

日時 2017年10月21日(土)22日(日)
(時間が異なりますのでご注意ください。適宜休憩が入ります。)
21日(土)
14時30分~15時30分 講義1
15時30分~16時30分 ドローイング
16時30分~17時30分 講義2
17時30分~18時 まとめ
22日(日)
9時30分~10時30分 講義3
10時30分~11時30分 ドローイング
11時30分~12時30分 講義4
12時30分~13時 まとめ

持ちもの 
筆記用具(紙は用意いたします。)


Ⅲ「惑星封印を見る・描く―未来の形姿としての」

1907年のミュンヘンのテオゾフィー会議のために制作された封印。
それは柱頭のモチーフへと展開されてゆきました。
メタモルフォーゼの体験へいざなう封印モチーフを、
ルドルフ・クッツリ氏の「フォルメン」のテキストを踏まえて
体験していきましょう。
「七つの封印の内に表現されているものは、まだ宇宙に存在しません。
しかし、成るであろうものの内にそれは存在するでしょう。
未来における形姿になるでしょう。」

日時 2017年12月16日(土)17日(日)
(時間が異なりますので、ご注意ください。適宜休憩が入ります。)

16日(土)
14時30分~15時 導入の時間
15時~16時 ドローイング1
16時~16時30分 見る
16時30分~17時30分 ドローイング2
17時30分~18時 まとめ

17日(日)
9時30分~10時 導入の時間
10時~11時 ドローイング3
11時~11時30分 見る
11時30分~12時30分 ドローイング4
12時30分~13時 まとめ

持ちもの 
色鉛筆、クレヨンなどお持ちのものをご持参ください。
(紙は用意いたします。)

2018年度(予定)
Ⅳ 天井画を見る・描く―色彩のうねりとしての
Ⅴ 群像彫刻「人間の典型」を見る―荷重と支持の平衡としての
Ⅵ 続編 色ガラスを見る・描く―光の総譜としての
Ⅶ ドルナッハのランドスケープ(景観)―環境との調和としての







「月のカルマ・太陽のカルマ」ーミヒャエル・デーブス氏講演のご案内

神秘劇会議2017
「知ることの痛み― 隠された自分と出会うとは?」
神秘劇 第2劇 『 魂の試練 』 

「月のカルマ・太陽のカルマ」ー ミヒャエル・デーブス氏講演

デーブス氏より
日本で2年ぶり、3回目の神秘劇会議の開催を大変喜んでいます。今回は『魂の試練』を題材として、「月のカルマと太陽のカルマ」について、すなわち真の自由とは何か、運命を「キリスト的」に生きるとはどういうことなのかをご一緒に考えて参りましょう。より高い段階を目指すマリアとヨハネスにおいて、悪の力がどれ程巧妙に私達の心の中に入り込むかがわかります。人はいかにして、それに対抗する力を培うことができるのでしょうか?
[ 日 時 ] : 8月12・13日(土・日)
[ 場 所 ] 吉野町市民プラザ ホール 
横浜市南区吉野町5-26 TEL 045-243-92 61
市営地下鉄「吉野町駅」4番出口 徒歩3分 京浜急行「南太田駅」徒歩5分
[ 参加費 ](全席自由)二日通し5,000円 一日3,000円 
[ 定 員 ] 200名(定員になり次第締め切らせていただきます)

※参加費はデーブス氏の来日・日本での滞在経費もカバーしております。
※観劇は無料ですが、上演グループのイニシアティヴに対しての自由意志による賛助的支援金を上演後に集めさせていただきます。
主催:シュタイナー演劇研究会
後援:一般社団法人普遍アントロポゾフィー協会─邦域協会日本/ NPO 法人 ルドルフ・シュタイナーハウス
四国アントロポゾフィークライス/東京ミヒャエル支部/藤野ソフィアグループ/ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー・アウラ

◆申し込み方法
参加する日(2日通し/ 12日か13日の1日)、お名前・連絡先( 住所・電話/ F a x 、メールアドレス)を明記の上、8月8日迄に下記の担当者にお申込みください。後日確認書を返信いたしますので、届きましたら下記郵貯振替口座に参加費をお振込みいただき、当日振替領収書をお持ちください。
(お振り込み頂いた参加費はお返しいたしません)
◆申し込み先
香川 裕子 [メール]hirokokagawa@kuf.biglobe.ne.jp
大原志津子 [メール]tokkin2005birth@nifty.com
得永 弘子 [ F A X ]03-3952-8336
ゆうちょ銀行振替口座 [記号番号]00170-0-596282 [加入者名]海外講師を呼ぶ会

ミヒャエル・デーブス氏 略歴
1943年ドイツ生。大学で数学、物理学、哲学を、キリスト者共同体司祭養成ゼミナールで神学を学び、69年司祭就任。1978年~2007年ゼミナール教授として司祭養成・多くの日本人学生の指導にあたった。人智学の識者・講演者としての評価は非常に高く、集会司祭としての活動の傍ら、世界各地で講演、講座活動を行
う。2010年来4回ゲーテアヌムにおける神秘劇会議での連続講演を引き受けてきた神秘劇通である。来日は六度目。宗教と医学、教育など他分野との協力活動に積極的で、著作多数:「物質と光」、「コンピュータに"攻撃"される人間」、「信仰と認識」、「人智学とキリスト教会の改新」、「天使体験」、「マリア・ソフィア」 など。

香川裕子 略歴(日本語通訳)
ハンブルグ・オイリュトミー学校を卒業後、キリスト者共同体司祭養成ゼミナールに在籍する間にデーブス氏の指導を受ける。シュトゥットガルトのヴァルドルフ教員養成ゼミナールのオイリュトミー専科コースを修了し、大人・子どものオイリュトミー指導をする傍ら、人智学関係の通訳・翻訳業に従事。2009年より神秘劇勉強会を主催し、未訳だった神秘劇第3劇と第4劇を訳出し、ドルナッハへの神秘劇ツアーを5回企画・実行し、神秘劇解説書を2冊訳出。最新刊:ペーター・ゼルク著 『ルドルフ・シュタイナーの神秘劇の中の秘教的共同体。テンプル騎士団、薔薇十字会、ベネディクトゥスを囲む人々』

スケージュール詳細はこちらをご覧ください。

2017年7月〜8月行事のご案内

普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 主催行事

特記のない限り、会場はすべてオイリュトミーハウスです。
東京都新宿区大久保2‐10‐2‐102
03‐5273‐2591(JR新大久保駅から徒歩13分)
(東京メトロ副都心線/西早稲田駅から徒歩 7 分)



精神科学自由大学第一クラス
*大学会員証必携 ※時間は基本的に10:30~
日 時:
2017年7月 9日(日)第2時間
9月 10日(日) 第3時間
10月 1日(日)(ミヒャエル祭)第3繰返時間
10月 8日(日) 第4時間


アントロポゾフィー連続講座
―アントロポゾフィーから現代を考える―

〇「社会有機体三分節」

日 時:2017年7月22日(土)~23日(日)
○1 9:30~10:30
○2 10:45~11:45 
○3 12:00~13:00
講 師:22日-上松 佑二、23日-パウル・マッカイ
参加費:2 日間 6,000円(1日 3,000円)

〇「宇宙論」
日 時:2017年9月23日(土)~24日(日)
○1 9:30~10:30
○2 10:45~11:45 
○3 12:00~13:00
講 師:上松 佑二
参加費:2 日間 6,000円(1日 3,000円)


アントロポゾフィー芸術講座(3回シリーズ)
「クリスマス会議100周年に向けて、ゲーテアヌムから学ぶこと」

〇「色ガラスを見る・描く―光の総譜としての」

日 時:2017年8月26日(土)&27日(日) 9:30~13:00
〇「プラトン立体を見る・描く―愛の礎石としての」
日 時:2017年10月21日(土) 14:30~18:00
10月22日(日)9:30~13:00
〇「惑星封印を見る・描く―未来の形姿としての」
日 時:2017年12月16日(土) 14:30~18:00
12月17日(日)9:30~13:00
講 師:石川 恒夫
参加費:2 日間 6,000 円(材料費を含む)
※詳細は同封のチラシをご覧ください。会場は変更になる場合があります。


オイリュトミー教室
日 時:2017年8月5日(土) 9月2日(土)10:00~12:00
*毎月第1土曜日(7月はお休み)
講 師: 上松 恵津子
―ひと月に一度のクラスです。
音楽と言葉のオイリュトミーに取組んでいます。
参加費: 会員・学生 2,000円 一般 2,500円
申込み・問合わせ: Fax 03‐5273‐2591 オイリュトミーハウス(上松恵津子)


水彩連続講座「色を感じる、色とひとつになる」(6)(全4回)
日 時: ○4 7月8日(土) 10:00~12:30
講 師:永野 裕子
参加費: 会員・学生 12,000円、一般 14,000円(全4回)
※9 月の第2土曜日から新たに全3回の講座が始まります。


読書会「カルマ論」
急がず丁寧に読んで参ります。
日 時:2017年7月14日(金)、8月11日(金)、9月8日(金)
参加費:500円
テキスト:「シュタイナーのカルマ論-カルマの開示」高橋巌訳(春秋社)
10:00~12:00 毎月第2金曜日


HolisticArtTherapy 大阪
○ Holistic Art Therapy「自己を観る・ 模写」クラス

日 時:第一土曜日 13:30~16:30
(準備・対話のワークを含んだ時間です。不定期ですので、お問い合わせください。)
体験ワークは 10:00~12:00
問合せ:mie-kunstlerin@ezweb.ne.jp(渡辺)


《その他の催し》

□ オイリュトミー教室

ゆっくりオイリュトミーを体験していくクラスです。
日 時:2017年7月15日(土)、9月16日(土) 10:00~12:00
*毎月第3土曜日
講 師: 村田 有輝子
参加費:2,000円 *3人より成立
申込み・問合せ:Fax03‐5273‐2591 オイリュトミーハウス(村田)
Fax 03‐3335‐5266 村田有輝子

2017年6月15日木曜日

アントロポゾフィー連続講座 ―アントロポゾフィーから現代を考える― 社会有機体三分節 パウル・マッカイ氏をお迎えして ご案内


社会有機体三分節の運動はロシア革命と同時に
今年100周年を迎えます。
社会主義者とは別の観点から
精神科学者ルドルフ・シュタイナーは
第一次世界大戦の直中から、
社会問題に取り組みました。
精神生活における自由と 
政治生活における平等と 
経済生活における友愛は
今日なお実現されていない偉大な目標です。
現代の社会問題をこの観点から考えてみましょう。
(上松佑二)



日 程:2017年7月22・23日(土・日)
○1 9:30~10:30
○2 10:45~11:45 
○3 12:00~13:00


講 師:7月22日—上松佑二、7月23日—パウル・マッカイ(ゲーテアヌム理事)

会 場:オイリュトミーハウス (新宿区大久保 2-10-2-102)

受講料:2日間6,000円(1日 3,000円)事前のお振込みをお願いします。
振込先 郵便振替口座 
口座番号 00140-3-483075
口座名義 一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本

申込み:ファックス又はメールでお送り下さい。 
一般社団法人 普遍アントロポゾフィー協会―邦域協会日本事務局
Fax 047-336-4178  E-mail country.society.japan@gmail.com


※ 日程、会場に変更がある場合があります。
※ オイリュトミーハウスへのアクセス JR 山手線 / 新大久保駅より徒歩13分、
東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅より徒歩7分、 東新宿駅より徒歩10分。
※ 今後の日程
2017年9月23・24日(土・日)「宇宙論」
11月25・26日(土・日)「転生論」
2018年1月27・28日(土・日)「民族論」


主催 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 普遍部門主催



Paul Mackay

ロッテルダムでの経済学研究やフォンテーヌブローでの経営管理、
その後、国際銀行で働き人智学と出会う。
オランダのTriodos銀行の共同創設者兼ディレクターを経て、
ドイツ・ボーフムのGLS銀行の会長として人智学の銀行にて35年働く。
2012年4月以来、ウェレダの会長を勤める。
1996年よりゲーテアヌム理事。
2000年よりゲーテアヌム社会科学部門代表。

Paul Mackay

Sektion für Sozialwissenschaften

Die Dreigliederung des Sozialen Organismus

2017年ヨハネ祭のご案内


ヨハネ祭は夏至の祝祭です。
―あの方は栄え、私は衰えねばならない。
私は水で洗礼を施すが、あの方は聖霊と火によって―
洗礼者ヨハネはエリアの再来である。
預言者エリアが洗礼者ヨハネに蘇る。
テーマに関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。
(上松佑二)



日 時  2017年6月25日(日) 13:30~16:00

オイリュトミー
ヨハネ祭講演  講師 上松佑二
交流会


会 場 オイリュトミーハウス
東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102

参加費  無料(カンパは歓迎いたします)

申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com


主催 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 普遍部門主催


2017年総会基調講演と特別講演「横浜シュタイナー学園の実践から」のご案内


2017-2018年
普遍アントロポゾフィー協会 年次テーマ 基調講演
「人間の魂のための光と暖かさ 
三分節の衝動から100年後に定礎石の瞑想によって
私たちはいかに平和になれるか?」

テーマそのものが既に多くを語っています。
世界中でテロリズムが横行する今日、
“精神の想起を行え”について深く考え、
時代の転期からいかに光と暖かさが流れ出してくるでしょうか?
テーマに関心をお持ちの皆さまのご参加をお待ちしています。 
(上松佑二)




特別講演「横浜シュタイナー学園の実践から」

2005年4月、全日制のシュタイナー学校として横浜に開校した
横浜シュタイナー学園は、シュタイナー幼稚園や土曜クラスなどの
実践活動が長年盛んだった横浜の地に生まれるべくして生まれました。
そして開校に関わった者たちの多くが、自分のこどもを
通わせたい保護者ではなく、シュタイナー教育を未来のために
伝えていきたいと無私の思いで願った者たちでした。
開校13年目を迎えた横浜シュタイナー学園の実践の一端を
ご紹介いたします。
(神田昌実)

《神田昌美プロフィール》2005年の横浜シュタイナー学園立ち上げの
メンバーの一人。英国のエマソンカレッジにて教員養成コース修了。
2期生を9年間担任した後、現在は11期生の担任3年目。

横浜シュタイナー学園


日時 2017年6月24日(土)
13:00~14:00  年次テーマ基調講演:上松佑二
14:15〜15:45 話し合い(基調講演を受けて)
16:00~17:00   特別講演:神田昌実 

会場 オイリュトミーハウス (東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102)

参加費 会員 無料(総会内行事のため) 
一般1,000円

申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)
E-mail country.society.japan@gmail.com

主催 普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 普遍部門

第14期 精神科学自由大学第一クラス

精神科学自由大学第一クラス会員の皆様

2017年5月をもって、1992年以来13周目の19回クラッセン・シュトゥンデが
終り、2017年6月より新たに19回、及び繰返時間が始まります。
次周は以下の予定で行われます。原則として、8月を除く
毎月第二日曜日午前10時30分より大久保のオイリュトミー・ハウスです。
繰返時間は「季節の祝祭日」に行います。
大学会員証をご提示の上、開始5分前までにご入室ください。


2017年6月4日(日) 第1繰返時間(聖霊降臨祭)

2017年6月11日(日) 第1時間

2017年6月25日(日) 第2繰返時間(ヨハネ祭、総会)

2017年7月9日(日) 第2時間

2017年9月10日(日) 第3時間

2017年10月1日(日) 第3繰返時間(ミヒャエル祭)

2017年10月8日(日) 第4時間

2017年11月12日(日) 第5時間

2017年12月10日(日) 第6時間

2017年12月23日(祭) 第4繰返時間(クリスマス祭)

2018年1月14日(日) 第7時間

2018年2月11日(日) 第8時間

2018年3月11日(日) 第9時間

2018年4月1日(日) 第5繰返時間(復活祭)

2018年4月8日(日) 第10時間

2018年5月13日(日) 第11時間

2018年5月20日(日) 第6繰返時間(聖霊降臨祭)

2018年6月10日(日) 第12時間

2018年6月24日(日) 第7繰返時間(ヨハネ祭、総会)

2018年7月8日(日) 第13時間

2018年9月9日(日) 第14時間

2018年9月30日(日) 第1プラハ時間(ミヒャエル祭)

2018年10月14日(日) 第15時間

2018年11月11日(日) 第16時間

2018年12月9日(日) 第17時間

2018年12月23日(祭) 第2プラハ時間(クリスマス祭)

2019年1月13日(日) 第18時間

2019年2月10日(日) 第19時間

クラッセンレーザー 上松佑二、石川恒夫、関倫尚